ルミガンの使用体験談

産後の抜け毛がまつ毛にまで影響し、ルミガンを使った体験(30代/女性)

私がルミガンを使おうと思ったきっかけは産後に一気にまつ毛が抜けていき、化粧をすることが嫌になり、劣等感を感じるようになったからです。
以前まではマスカラをサッと一塗りするだけでつけ睫毛を使用していると勘違いされる程、まつ毛が長く、私自身のチャームポイントでした。
しかし、産後の抜け毛に悩まされ、まつ毛まで被害に合ってしまいました。
そこで、ルミガンという商品に辿り着いたのです。

 

ルミガンはネットで発見しました。検索画面に「まつ毛 伸ばす 方法」と入れ込むとルミガンがトップに出て来ました。
眼科でも購入できると書かれていましたが、通販で買う方が手っ取り早かった為、ネットでサクサクと購入しました。

 

インド製のルミガンでしたが、私はあまり気にしていませんでした。
ルミガンを使用するにあたって、毎日、忘れずに使い続けることで効果が表れると説明されていたので、就寝前の歯磨きの後にまつ毛にたっぷりと塗るようにしました。
毎日、歯磨きは必ず行う為、歯ブラシの近くにルミガンを置くことで忘れることを防ぎました。
現在、使い始めて半年が経ちますが、一度も忘れたことはありません。

 

効果が目に見えて表れ始めたのは、使い始めて1ヵ月を過ぎた頃でした。
化粧をする際にマスカラを塗るといつもよりも瞳にボリュームがあることに気が付きました。
当時はまつ毛が抜けたことで、つけまつ毛で代用していたので、マスカラを塗る機会は減っていました。

 

久しぶりに自分のまつ毛で化粧を仕上げると、出産前の長かったまつ毛よりもさらに長くなっているので驚きました。
何より、もうつけまつ毛に頼らなくても済むことが本当に嬉しかったです。
やはり、自分のまつ毛で化粧をすることは気持ちが良いですね。
ルミガンを使い始めて、副作用などは全く感じません。
きっと個人差にも寄るのでしょうが、使い方や用量を間違えない限り、激しい副作用は出ないのではないでしょうか。

 

女性にとって、まつ毛は大切な一部です。
まつ毛が長いことでメリットは多く存在します。
その為にルミガンを使用することはお勧めします。

ルミガン3ヶ月使用で地まつ毛の伸びを実感しました(20代/女性)

昔からまつ毛が抜ける体質だったのですが、25歳あたりから抜ける量がさらに増えていきました。特にビューラーを使った時の抜け毛がひどく、一回で3本以上まつ毛が抜けてしまうこともあったのです。明らかにまつ毛の量が減っているのがわかり、メイクをすることが怖くなってしまいました。これはもうマスカラやつけまつ毛でごまかすのではなく、地まつ毛を増やさなければダメだと思ったのがルミガンを購入したきっかけです。

 

ドラッグストアでは売られていないので、個人輸入できるオオサカ堂というサイトで購入しました。まつ毛に塗るためのアプリケーターがセットになっているのも良かったです。一日一回、寝る前にアプリケーターのブラシでまつ毛の生え際に塗るようにしていました。

 

まつ毛が伸びたと感じたのは、ルミガン使用3週間後のことです。目を開けているときよりつむった時の方が、まつ毛の伸び具合がよくわかりました。そのままトータルで3ヶ月以上使い続けていますが、両目ともまつ毛が確実に伸びています。量はそれほど増えたようには感じませんが、伸びは実感することができました。

 

普段のメイクでマスカラと付けまつ毛を使っていましたが、これらのメイクグッズと比べると、ルミガンの方が断然良いと思います。マスカラや付けまつ毛はメイクしている間だけでなく、落とす時にも地まつ毛に負担を掛けてしまいます。でもルミガンはまつ毛そのものを伸ばせるので、抜け落ちることがないし、スッピンでも目元に自信を持てるようになりました。
ちなみに副作用ですが、目に入った時はかなり沁みます。それからわずかに茶色い色素沈着が起こりましたが、これは気にならない程度でした。あとはこれといった副作用は無いので、まつ毛の抜けに悩んでいる人におすすめできる商品だと思います。

 

ルミガンにはブラシがついていないので、単品で使う場合は自分でブラシを用意してください。ブラシがない場合は、つまようじの尖っていない側に一滴垂らして使うとキレイに塗れますよ。

緑内障の点眼薬として処方されたルミガンの嬉しい副効果(20代/女性)

中学生の頃から正常眼圧緑内障と診断されており、ルミガンやレスキュラーなど眼圧を下げる点眼薬を使用していました。使用当初はまつ毛の伸長作用についての副次的な効果については全く知らず、ただまぶたに着くと色素沈着してしまうので気をつけてね、と医師に言われたのでそこだけ気を使っていました。使用後しばらくして、友人にまつ毛長くない!?と驚かれ、鏡を見てなんとなく自分でもまつ毛が太く長くなっているように感じました。メガネをかけると特に、レンズにまつ毛が当たって、レンズが汚れるので伸びてるなと感じることが多いです。

 

私は病院から処方されているので保険適用で安く購入していますが、まつ毛美容液として使用するために個人輸入したりする人がいると知り、驚きました。緑内障は治したいけれど、高額なまつ毛美容液をとても安く手に入れられているようで、少しお得な気分です。

 

使用方法としては一日2回、朝と夜の洗顔前にまぶたに付かないように注意しながら点眼して、医師に習った通り、上を向いて鼻の頭を抑えるようにして薬液を浸透させています。期間は中学からなのでもう10年以上の使用歴になります。

 

私はまつ毛パーマを毎月かけていますが、サロンの方にはいつも何の美容液を使っているのかと聞かれるほど、まつ毛が太くて丈夫らしいです。美容液を勧められたことはありません。初対面の人にはだいたいマツエクどこでしてるの?と聞かれます笑 メイクでマスカラをするとむしろまつ毛が主張しすぎて不自然なのでまつ毛のメイクはしません。まつ毛が密集していて濃いのでアイラインも必要ないと思い、最近は引いていませんのでメイクアイテムの節約にはなります笑

 

人にオススメできるか、と言われるとあくまで緑内障の治療薬として私は使用しているのでYESとはいいがたいというのが正直なところです。目が正常な人が使用して大丈夫なのか?眼圧が下がりすぎて何か有ったりしないのか?という心配があり、何使ってるのと聞かれても基本的には教えていません。

 

点眼せずにまつ毛の際に塗るような使い方であればそれほど気にする必要もないのかもしれませんが。専門のアプリケーターがあればオススメしたいところです。点眼薬として気になる副作用は医師にも言われたまぶたの色素沈着と、とにかく染みることです。点眼後は目が真っ赤に充血して開けられません。もう慣れましたが笑 まつ毛美容液として使う方は目に入らないように気をつけて使っていただきたいなと思います。

 

→ルミガンの詳細・最新価格はこちら